市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【浦安の新名物が誕生!】当代島のクラフトビール専門店『祭醸造』にて、クラフトビールと相性◎な『浦安おやき』の販売が始まりました!

彗星のごとく現れた浦安の新たなパワースポット、当代島のクラフトビール専門店『祭醸造』さん。オリジナルのクラフトビールを醸造して販売するだけでなく、地域のお店とコラボしてイベントを開催したり、フードの販売を行なったり…とにかく一挙手一投足が気になる、目が離せないお店なんです!

そんな『祭醸造』さんにて、3月26日から浦安の新名物『浦安おやき』の販売が始まったとの情報。これは気になる…食べるしかない!と、早速取材にお伺いしてきました♪

クラフトビールと相性抜群!『浦安お焼き』

「ここだけで完結してほしくなかったから、あんまりお店でフードは出したくなかったんです。ただ、ビール片手にちょっとつまめるワンハンドフードの必要性は感じていて。地域のお店にイベント的に出店してもらって、サンドイッチやクレープを販売したらお客様の反応がとても良かった。何がいいだろうと考えていたときに、『お焼き』という表現がしっくり来たんです」。そう話してくれたのは、祭醸造オーナーの伊藤さん。そこから猫実にある『パン工房シエル』さんと一緒に、お焼きの開発が始まりました。

お焼きづくりで一番考えたのが、油っぽくしないということ。「うちのお客様には子連れも多い。普通お焼きは油で焼くんですが、それをしたくなかった。結果的に、強力粉を使って押し焼きにすることで、油を使わずにお焼きらしいものができました」

浦安お焼き』は、金土日のみの販売。種類はたくさんあるのだそうですが、まずは『チリコンカン(270円)』『高菜めんたい(300円)』『きんぴらごぼう(270円)』の3種類が登場。順次新しい味が出るそうなので、要チェック! どんなものが出るか楽しみです♪

よ~し、私も一ついただきます! 選んだのは『チリコンカン』。…だって、おやきにチリコンカンってちょっと珍しくないですか? 特別に半分に切ってもらったのですが、中身はこんな感じ。

祭醸造さんのオリジナルクラフトビール『祭坂セゾン』と一緒に、『浦安おやき』いただきまーす! …ん~、美味しい♡ 噛むほどに旨味を感じられる、モチモチでしっかりめの生地。その中にはチリコンカンがしっかり詰まっています。油っぽくないから、生地とチリコンカンのお味が引き立つ! そしてクラフトビールの華やかで繊細な味わいに、このおやきがめちゃくちゃ合うんですっ…! 普通のビールだと唐揚げやモツ煮込みと一緒にいただきたくなりますが、クラフトビールは同じようにさっぱり繊細な味のものと相性が良いんですね。これは新たな発見☆

ビールと一緒にここで食べてもいいし、ビールとおやき片手に散歩もいいし(周りにご配慮ください&ごみは持ち帰りましょう)、家へ持ち帰っておやつにしてもいい…『浦安おやき』は、冷めてもレンチンすれば出来立ての味が楽しめます。発売してからまだ1週間ですが、すぐに売り切れてしまうほど大人気!とのこと、販売情報はお店のInstagramをチェックしてみてくださいね。

今まで以上に“浦安”を味わえる場所へ

週末は市内だけでなく、遠方からクラフトビール好きが集まる『祭醸造』。「よく、浦安ってどんな街なんですか?と質問されるんですよ。パッと見て三社祭のことがわかるように、お祭りの会の手ぬぐいを壁面に飾ろうかと考えているところです」

今お持ちの分をテーブルに並べてもらったのですが、圧巻…! お祭りの熱気と興奮が、体の中に蘇ってきます。前回の三社から早6年、あの熱気を待ち焦がれている自分に気づきます。今年も三社祭の開催は見送りになってしまいましたが、これが壁一面に並べば、浦安の三社祭の空気を体感できますね!「これからはお店のスペースを開放して地域の方々に使ってもらいたいなと思っています。ここで物販をしたり、小さなお祭りを企画したり。サークルや朝ヨガなどにも使ってもらえたら」

今年の夏には、店内でオリジナルビールの醸造も始まる予定。浦安産のクラフトビールに浦安の新名物『浦安お焼き』…今まで以上に“浦安”を味わえる場所になりますね! オリジナルクラフトビールと浦安お焼き、そして『祭醸造』の今後にも、ぜひご注目ください♪

祭醸造…浦安市当代島2-1-27-1F Instagram
平日:14時~22時(金曜日23時まで)、土日祝:10時半~22時(土曜日23時まで)
オンラインストアはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る