市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

コロナに負けず、やりたい道を見つけて突き進む。パステルカラーで描かれた、優しくて、時々クスっと笑ってしまう絵に、心弾ませて。【浦安在住イラストレーター cheeky Luccy 初の展示会開催 11/17~】

cheeky Luccy 谷内梨夏(チーキー ルーシー たにうち りか)さんは浦安在住のイラストレーター。22歳という若さでありながらフリーとして活躍中の梨夏さんが、堀江の美容室『i・chi・e(イチエ)』さんで初めての展示会を開くというということで、取材をさせていただきました!

イラストレーターとして動き出すきっかけは、コロナ禍による就職難だった?

高校生の時に古着と出会い“世界に一つだけ、1点もの”という古着の魅力にはまった梨夏さんは、高校卒業後に服飾の専門学校に進学します。服飾の勉強をする過程で服と絵には共通点があることに気付き、“イラストを描くこと”への興味が膨らんでいきました。「イラストを仕事にしたいけれど、就職も…」と悩みながら就職活動ではアパレル関係の道を選びますが、昨年といえばコロナ禍。努力の末に勝ち取った内定が、コロナの影響で取り消しになってしまったそう…。

「えぇ~と思ったけれど、逆にそのことがイラストの道に進むきっかけなりました。やってみよう!って思う後押しになったので、内定取り消しもそんなに悪くなかったかな?なんて今は思います」と、カラリと笑う梨夏さん。前向きな言葉に驚いてしまいました。

「それから自宅でイラストを描き始めました。作成したバースデーカードをInstagramに載せたら、友達のお母さんが『素敵じゃない!何か形にして販売してみたら?』と言ってくださって。それからポストカードを作ったり、洋服にイラストの刺繍やプリントをして、販売をはじめました」。

梨夏さんが型から手掛けたチェックのパンツには、オリジナルの刺繍が1点1点手作業で施されています。今後は古着にもオリジナルの刺繍を施し、梨夏さんが“新たな世界に一つだけ”を加えた販売も模索中とのこと!

身近なテーマに、ちょっとのファンタジーを取り入れて。

そんな梨夏さんの作品は、淡いパステルカラーで統一された優しい作風。身近なテーマの中にちょっぴりファンタジーが取り入れられていて、見ているとクスッと笑ってしまうような可愛らしい作品ばかり。

「この作品は、私が幼いころの写真を元に描きました。手前にいるのは姉と父、私は母に抱っこされています。祖母の団地によくみんなで遊びにいっていて、その時の一枚なんです」。数字の描かれた花柄の建物は、おばあちゃんの団地。団地って固く無機質なイメージのあるのに、梨夏さんの絵では柔らかさや人のあたたかさを感じるから不思議!“おばあちゃん家に家族で行く”という、よくある日常の懐かしい家族の風景が、優しく表現されています。

「絵の中には“いたずら心”みたいなものも表現しています。この絵はミシン作業をしていた女の子が、モデルは私なんですけど(笑)、作業に行き詰まって『もうやだ~!』って逃げ出している場面です。どこにでもある日常の中のクスっと笑ってしまうような瞬間を切り取って、見た方が少しでも明るい気持ちになってくれたらいいなと思っています」。

小学生だったお客さんが大人になって、仕事のパートナーに。

展示会の会場となるi・chi・eさんと梨夏さんの出会いは、なんと梨夏さんが小学4年生の時!お母さんに連れられて生まれて初めて訪れた美容室がi・chi・eさんだったそう。

「2010年のご来店からなので、もう10年以上通ってくださっています」とお話をしてくれたのは、i・chi・eオーナーの伊藤さん。梨夏さんが初来店した時から現在まで、ずっと担当をしているそうです。「コロナでの内定取り消しの話を聞いたときは僕の方が衝撃を受けてしまうほどだったのに、梨夏さんがあまりに前向きに話すので驚いちゃいました。『前を向いて突き進もう!』という行動力に僕自身も刺激を受けたし、素直に応援したいという気持ちになりました」。

「イラストで活動していきたい」と梨夏さんから話をされた伊藤さん。それならば、とお店オリジナルのヘアワックスのパッケージデザインを依頼しますが、その出来栄えに感動!続けてマスクケースのデザインも依頼し、昨年冬の販促物としてお客さんに配るととても評判がよく、今でも愛用してくださっているお客さんが多いんだとか。

「地域の人・若者を応援したいと、より一層思うようになりました。浦安にはこんな若者がいるんだって沢山の人に知って欲しいです。自分から『やりたい、挑戦したい』と突き進む若者からは吸収させてもらうことが沢山あります。僕も浦安で育ち、この場所で美容室を開いて10年以上が経ちましたが、その間にたくさんの方に応援していただき、助けていただきました。浦安で何か恩返しができないかと、浦安で頑張る人たちを今度は自分が応援したいと思うようになりました。今回も梨夏さんから『展示会を開きたい』と相談を受けたのですが、そんな気持ちもあって、二つ返事で店舗を会場に使っていただきました」。

「伊藤さんには何でも相談が出来て、ついついしゃべりすぎちゃう時もあります。本当に、頼れる“親戚のおじさん(お兄さん?)”という感じで、とても信頼しています」。

小学4年生からのお客さんが大人になり、そのお客さんがお世話になった美容室で初仕事を任される…。お二人の関係がなんだかとてもうらやましくなってしまいました。

展覧会は12月27日まで開催。作品を見るだけの来店もOK!

「活動名は『cheeky Luccy(チーキー ルーシー)』。生意気なルーシーちゃんと頬を赤く染めるルーシーちゃんの2つの意味があり、ルーシーちゃんは小さな女の子です!幼心やイタズラ心が隠し味の絵を沢山お届けしたい私の気持ちと、見た方が小さい頃のように胸をはずませ頬を赤く染めちゃっていただきたいなという想いを込めました」。

梨夏さんの展示会は12月27日まで開催されます。今回ご紹介した作品はもちろん、その他たくさんの作品が飾られる予定です。

お店に入ってすぐ左にあるこの額にも、作品が展示されるそう。伊藤さん曰く「この額に何か絵を飾るのは、梨夏さんが初めてですよ」とのこと。

展示会ではステッカーやポストカード等の物販も予定。常時ではないですが梨夏さんも展示会場にいらっしゃるとのことで、見かけたら是非声をかけてみて。
「展示会だけの来店も歓迎です!」と伊藤さん。心が弾み、気持ちもパッと明るくさせてくれる…梨夏さんの作品を見て、楽しい気持ちになりませんか。

cheeky Luccy Instagram

【展示会詳細】

展示会cheeky Luccy 1st artmarket
What’s the CL? by Lica taniuchi
期間2021.11.17(水)~12.27(月) 8:30~18:00
※12.7(火)・21(火)は展示会がお休みです。ご注意ください。
料金無料
会場hair design space i・chi・e(イチエ)
浦安市堀江5-1-7
047-355-3045

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る