市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【夜営業のお店は今】居酒屋から弁当屋へ。浦安駅の西友前『からふる』さんのお弁当が美味しい&リーズナブル! ハーヴェストムーンの瓶も一緒にどうぞ♡

暮らしを一変させた新型コロナウイルス。「新しい生活様式」が提唱され、私たち一人ひとりの意識や行動を変えていかなければならない中、企業やお店も変化を迫られています。

浦安駅前の西友側の通り沿い、ラーメン屋さんの2階に店舗を構える『居酒屋からふる』さんも、このコロナ禍で営業スタイルを変化させたお店のひとつ。現在『お弁当屋からふる』として、お昼と夜にお弁当販売を行っています。美味しくてリーズナブルなお弁当は、リピーター続出! そんなお弁当に込められた、オーナー木全(きまた)さんご夫妻の想いを伺ってきました。

お客さん同士も仲良くアットホーム…そんなお店が、営業できない

『居酒屋からふる』さんは、7年前にオープン。狭い階段を上った先にある隠れ家のようなお店には、地元の方から一人暮らしの若者まで、幅広いお客様が集います。(写真は2016年撮影)

カウンター7席・テーブル席が2つと、決して広くはない空間。そこで供されるビールは、「浦安イチ美味しい!」とビールメーカーさんが太鼓判を押すほど! 樽やグラスの徹底した管理があるからこそ、浦安エリアで唯一舞浜地ビール『ハーヴェストムーン』の樽生も扱っています。(写真は2019年撮影)

のど越しの良いビールと美味しいお料理をいただきながら、常連さんやオーナー木全さんご夫妻との会話を楽しむ…アットホームでどこか懐かしい、『居酒屋からふる』はそんなお店です。

新型コロナウイルスの感染拡大は、そんなお店の営業に影を落としました。「うちは空間がどうしても狭いので、お客様が密集してしまう。お客様同士も仲良しだから会えば会話もするし、感染リスクという意味ではお客様も自分たちも危ないなと…。そこで4月の緊急事態宣言を受けて、休業を選択したんです」と木全さん。休業期間中、一緒にお店に立つ奥様と、今後のことを話し合ったのだそう。「うちの店ではお客様同士の間隔を1m以上空けるなんて無理だし、仮にそのルールで営業したとしても回らない。緊急事態宣言が解除されても、世の中が元通りになるわけじゃないし、外食が危ないという一度ついてしまったイメージはそうそう拭えるものではないから、これから生き残るためにどう変化していくのか、『生きる道』を二人で考えました」。

コスパ◎! こだわりのお弁当販売が始まりました


そこで行き着いたのが『お弁当販売』。「お弁当を販売するのはもちろん初めて。休業中に試行錯誤して、5月1日から販売を始めました」。

『和牛すき焼き弁当』『三色弁当』『ローストビーフ弁当』の定番3種に加え、焼き魚やしょうが焼き・ハンバーグなど、その日のおすすめ弁当が並びます。

「以前ランチ営業をしていたんですが、そのときの定食をヒントにメニューを考えました。お弁当って、お店で提供するものと違ってすぐに食べてくれるかどうかわからない。これから特に暑い季節になっていきますし、なるべく傷まない食材を使うこと、ガリ・わさび・梅など菌の繁殖を抑える食材を混ぜたり、熱を冷ましてからフタをする・水分を取る…など、気をつけています」。

イチオシは『和牛すき焼き弁当』、そして一番人気は『ローストビーフ弁当』!とのことで、どちらも買ってみました!

和牛すき焼き弁当』は、さすが和牛、冷めてもとっても柔らかい…!

濃すぎない味付けで、お肉の味を楽しめます。お肉の下のごはんにもお肉の味が移って、最後まで美味しくいただけちゃうお弁当。実は木全さん、ご実家のお父さんが墨田区で飲食店をやられていたそうで、このすき焼きに使っている割り下のレシピはお父さん直伝なのだそう。

ローストビーフ弁当』は、しっとり柔らかなお肉がたくさん乗っています!

低温でじっくり火を入れて、柔らかく仕上げているローストビーフ。ほんのりスパイシーなお肉、ごはんと合うように仕上げた自家製ソースも相まって、いくらでも食べたくなる一品(ちなみにうちの5歳娘、このお弁当ほとんど一人で平らげました)。そしてこちらでお値段650円というから、一番人気というのも頷けます…! 

ちなみにもう一つの定番『三色弁当』は、しらす・ネギトロ・イクラの乗ったお弁当。

色味が本当にキレイですよね! 「以前は海鮮丼をやっていたんですが、暑くなると生モノが心配で…。比較的傷みに強い旬のしらす、子どもも大好きなイクラ、ネギトロを乗せた三色弁当にしたんです。最近はお子さんからのリクエストで、イクラ多めになっていますよ!」。こちらも650円! コスパ◎!「価格は正直ギリギリのラインなんですが、『また食べたい!』と思っていただけたら」。

お昼のお弁当を買いに来るのは、浦安駅近辺にお勤めの方や、在宅ワークの方、子どもたちが家にいる主婦の方など様々。5月の最終週から始まった夜のお弁当販売では、一人暮らしのサラリーマンや、お店の常連さんなどが買っていかれるそうです。夜の販売では昼と違い、牛スジの煮込みシーフードマリネなど、お酒のおつまみにもピッタリのお惣菜が並ぶこともあるので、ぜひ店頭を覗いてみてください! 駅からの帰りにサクッと寄れる立地なのは嬉しいですよね♪

舞浜地ビール『ハーヴェストムーン』の瓶の販売も始まってます♪

第一波をしのいだと言われている現在の状況ですが、新型コロナウイルスとの戦いは終わりが見えません。「お店はやらないの?と常連さんにも言われるんですが…密を回避しながらお店を回していくのはやはり難しい。しばらくは『お弁当屋からふる』で行こうと思っています」。


7年間、アットホームな居酒屋として営業を続けてきた『居酒屋からふる』さん。これまでお客様をお迎えし続けてきた、夫婦でカウンターに立ち続けてきたお店への想いに蓋をして、『お弁当屋』として再スタートを切ることに、どれだけの葛藤があったでしょう。「そうですね…でも、前の思いを持ったまま通常営業に戻しても、ずっとお店を続けていける未来が見えなかった。このお店を潰さないために、しばらくは弁当屋で行こうと」。

「緊急事態宣言が解除されて、少しお客様の流れも変わっている。これからも様子を見つつ試行錯誤しながら、ちょっとずつ新しい挑戦をしながら、とりあえずやっていくしかないですね」。からふるさん、新たな試みとして、お店で扱っているハーヴェストムーンの瓶の販売が始まりました!

お弁当やお惣菜と一緒に買えば、『おうちでからふる』が味わえちゃいます♪ ハーヴェストムーンは一瓶450円で販売中。ぜひこの機会に、味わってみてくださいね!

からふるさんでは、お昼は定休日の火曜を除く毎日、夜は平日のみお弁当の販売を行なっています。お店の階段下、屋外のスペースを使っているので、雨が降った場合は中止。急なお休みの場合はInstagramにて告知されますので、「今日やってるのかな…」と思ったらチェックしてみて。『お弁当屋からふる』の美味しくてリーズナブルなお弁当で、心も『からふる』になっちゃいましょう♪

居酒屋からふる…浦安市北栄1-15-23-2F  047-353-0007
火曜定休  お弁当販売時間:11時~14時半、17時~19時(夜は平日のみ)
※お弁当はなくなり次第終了です。
※最新情報はInstagramからどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る