市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

挙げる側もお呼ばれされる側も気になる『コロナ禍の結婚式』。浦安ブライトンホテル東京ベイの婚礼取材会に潜入!現代の名工受賞記念メニュー“The BRIGHTON”はブライトンの集大成とも言える逸品です!

先日『浦安ブライトンホテル東京ベイ』の婚礼取材会に行ってきました。
浦安市にはとても素敵な結婚式会場が多く、皆さんの中にも、市内で結婚式を挙げられた方、また、参列されたことのある方も多いと思います。昨年は延期や中止などが相次いだそうですが、このコロナ禍で『新しい結婚式のカタチ』になって、結婚式を挙げられる方が通常の半数近く戻ってきているそうです。

結婚式を挙げる側も、招待される側も、『コロナ禍の結婚式』ってどんな感じなの~? 気になる内容を取材しました。

まずは、現代の名工受賞記念メニュー“The BRIGHTON”から。浦安ブライトンホテル東京ベイの料理長がジャンルを超えて腕を振るった逸品にうっとり♡ 各テーブルの感染症対策と共にとっても素敵な婚礼料理をレポートしたいと思います。

婚礼料理は、現代の名工受賞記念メニュー“The BRIGHTON”

浦安ブライトンホテル東京ベイと言えば、京懐石「螢」、中国料理「花閒」、味処 「 季布や 」、鉄板焼 「 燔 」、レストラン 「 カシュカシュ 」など、浦安市民にもお馴染みの美味しいお食事が楽しめるホテルとして、お祝いや記念日、美味しいものを食べたいっていう時に利用されている方も多いと思います。

そんな浦安ブライトンホテル東京ベイですが、令和元年度には、ブライトンホテルズ統括料理長 西稔史氏が、卓越した技能者だけに贈られる厚生労働省による『現代の名工』を受賞。その記念に作られたのが婚礼料理“The BRIGHTON”なんです。各ジャンルの7人の料理長が、ジャンルを超えて技を競い、出来上がった本格的な折衷料理。こちらがいただけるなんて楽しみすぎる…♡ 更に西稔史氏は、令和三年春の褒章においても黄綬褒章を受章されるなど、他にも数多くの受賞歴を持つ料理人です。

今回の取材会では、こちらの記念メニューをいただくことが出来ました!

左からキャビア・イクラ・根セロリのムースリーヌ、伊勢海老の湯引き、蒸し鮑 ねぎソース。とっても豪華でお目出度いメニューばかり。
まるで宝石のようにキラキラしています
フォアグラ 牛頬肉 パテ・ド・カンパーニュ、赤ピーマンコンフィチュールのパルピテ。二品目はさきほどの和から一転、色鮮やかなフレンチ!
オマール海老と蛤のポッシェ 帆立貝柱のフラン ビスクスープ。コク深い濃厚なスープが美味しい!
青鮫の焼きふかひれ 上海蟹味噌仕立て。次は中華。コース料理でいろんなお料理が楽しめるのも“The BRIGHTON”の魅力。
甘鯛と季節の炊き合わせ~二年蔵囲真昆布の出汁~。このお出汁、格別に美味しい!
国産牛フィレ肉の地鶏とトリュフのムース包み、ポルチーニ茸のフォンダン マデラソース。メインディッシュのお肉はフレンチ!
南杏ジュレ マンゴーコンポート パイナップルのグラニテ、レモンのメレンゲ、ムース・ショコラ・ラクテ、苺のコンフィチュール ディルの香り、抹茶マカロン、柚子のクラム。

浦安ブライトンホテル東京ベイの7人の料理長が、ジャンルを超えて腕を振るい合い、和洋中が美しくコラボレーションしたフルコースは、浦安ブライトンホテル東京ベイの集大成。繊細な和食、しっかりした味の中華…内容や順番など難しかったけれど、それだけお客様が喜んでもらえる、楽しんでもらえる内容になった。と、統括総料理長の西稔史氏。結婚式のお料理は、招待した皆に感激してもらいたいポイントですよね! 味も見た目も様々なジャンルのお料理が楽しめ、そして、ジャンルを越えても不思議とまとまるコース内容に、さすが、老若男女問わず誰もが喜ぶコースだなと感激してしまいました。

コロナ禍の結婚式で『お酒』は?りんごのシードルやノンアルコールカクテルで乾杯も!

りんごのシードル

緊急事態宣言中、まん延防止等重点措置中は、酒類の代わりにりんごのシールドやノンアルコールカクテルで。感染予防対策として『お酌』を遠慮いただくことも多いそうです。もちろん今回の取材会も、ノンアルでした。

ノンアルコールカクテル『シンデレラ』

テーブル席の様子は?

消毒スプレーを各テーブルに設置、マスクケース、結婚式では珍しいおしぼりの用意もできるそうです。

『新しい結婚式のカタチ』

取材会では、コロナ禍で実際に式を挙げられた方のムービーの上映がありました。実際、このムービーを見るまでは、コロナ禍で結婚式ってちゃんと挙げられるの?と疑問視している部分もあったのですが、このムービーを見てはっきりとわかりました。『コロナ禍でも結婚式は素敵に挙げられる』ということ。

ホテル棟と離れた独立型のガーデンチャペル。人数を減らしパーテーションも設置しています。

浦安ブライトンホテル東京ベイの『ガーデンチャペル』は、ホテル棟とは別の独立型。他のお客様とは別の空間で式を挙げることが出来ます。一度、屋外に出て新しい空間へ。チャペル内も天井が高く開放感があります。通常64名の収容人数も48名まで人数を減らしていました。

入り口には手指消毒、牧師さんや聖歌隊との間にアクリルパーテーション、4名掛けの席は3名まで。

色んなカタチで結婚式が行われています

少人数での披露宴は、ペントハウスが人気。収容人数も40名→20名へ。

コロナ禍の披露宴は、今までにない希望で、様々なカタチが出来ているそうです。

たとえば、親族と友人を分けて行う披露宴の二部制。おじいちゃんおばあちゃんが安心して参加してほしいとの希望から生まれたプラン。チャペルのオンライン生配信は、結婚式に参列することができないゲストが自宅で挙式の様子をご覧いただけるプランです。これらは、お客様の希望から生まれたプラン。「希望に合わせて、出来るだけのことを叶えたいです」と、婚礼担当の山岸さん。なんと山岸さんも、このコロナ禍の浦安ブライトンホテル東京ベイで式を挙げられた方だそうです!(先ほど拝見したムービーの方でした!)

テーブルも余裕をもって着席人数を減らしています。(ちなみに、トレンドは黄色だそうです。カワイイ~♡)

ブライズルームは客室が人気!更にそのまま一泊できます♪

誰にも会うことのない客室がブライズルームに。つかれちゃったら少しゴロンとできるし、更に、そのまま泊まることもできます。

コロナ禍の結婚式、迷っている方も多いのではと思います。実際にコロナ禍で式を挙げられた、婚礼担当の山岸さん(上のムービーの方)も始めはどうするべきか悩んだそうです。しかし、希望をしっかりと伝え、感染症対策をしっかりと行って挙げた式は、多分、コロナ禍でも変わらず、とっても素敵で幸せな式だったそうです。(私もムービーを見て、泣いてしまうくらい感動しました!)昨年は、延期やキャンセルが相次いだそうですが、今年は、コロナ禍での新しい式のカタチになって通常の半数近くに戻ってきているそうです。(ちなみに、浦安ブライトン東京ベイでは、式の延期は変更料金なしとのことです。※招待状の再発送などは実費が掛かるものもありますのでお問い合わせください)

素敵なお料理と納得のスタイルで。『こんなことできないかな』が新しい結婚式のカタチになりそうです。

浦安ブライトンホテル東京ベイ
047-355-7777(代)
浦安市美浜1-9
https://urayasu.brightonhotels.co.jp/bridal/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る