市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

もうすぐ浦安市立中央図書館が長期休館へ!

浦安市立中央図書館

浦安市立の図書館は、昭和59年に日本で初めて市民1人当たりの年間貸出冊数が11.4冊という2桁を突破し、今でも蔵書や貸出冊数が多いことで有名です。
平成28年度の蔵書数は約117万冊、個人貸出の総貸出冊数は約199万冊で、市民1人当たりの年間貸出冊数は12.1冊でした。
そのなかでも昭和58年に開館した中央図書館は、市役所に近接し、収容能力640,000冊と市内で最も大きな図書館になります。

中央図書館は、建設から36年が経過しており、施設の老朽化による不具合や多様な市民ニーズに対応した図書館機能の充実を図るため、大規模改修工事が行われます。

今回の改修では、長期間の休館となります。
休館期間 :2018年12月28日(金曜日)から2020年3月末(予定)まで

改修内容は、内外装・設備、トイレの全面改修、授乳室の設置、利用者用駐車場や駐輪場の整備などです。そのほか、閲覧席の拡充や多目的スペースが設置予定です。

改修のコンセプトは、【もっと使いたくなる図書館へ「居心地の良い図書館」 「出会いのある図書館」 「可能性を開く図書館」】となっており、人それぞれ多様なニーズがある時代に合ったリニューアルになりそうです。

休館中に図書サービスを受けたい場合は、分館や駅前の行政サービスを利用することになりますが、中央図書館の臨時窓口が開設されます。

中央図書館臨時窓口について

平成31年1月10日(木曜日)より、浦安市集合事務所1階に中央図書館臨時窓口を設置します。予約した図書などの貸出し、返却ができます。

受付時間:
火曜日から日曜日 午前10時から午後5時
注記:月曜日、祝日(土曜日・日曜日を除く)、年末年始はお休み。

注意点:

  • 時間外返却のブックポストの設置はありません
  • 現在、中央図書館を予約資料の受取り場所に指定されている場合、休館期間中は臨時窓口が受け取り場所になります。受付時間やお休みの日が中央図書館とは変わります。また、12月28日(金)から1月9日(水)までは受け取ることができませんのでご了承ください。ご都合の悪い方は、事前に受取り場所の変更をお願いします

浦安市ホームページより

リニューアル後の中央図書館の開館が今から待ち遠しいですね!

中央図書館
千葉県浦安市猫実1-2-1

中央図書館臨時窓口
千葉県浦安市猫実1-12-38 浦安市集合事務所1階

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

ページ上部へ戻る