市民による浦安の地域情報総合サイト

展覧会

  1. 力強く、鮮やかな浦安がここに。オリエンタルホテルで開催中の『今井弘 個展』では、たくさんの浦安の風景画が見られます!【2月27日まで】

    昨年ご紹介した、鉛筆と水彩で浦安の風景を描かれる画家・今井弘さんの個展が、今年もオリエンタルホテル2階の市民ギャラリーにて開催されています! サブタイトルは「浦安をスケッチ散策」…その名のとおり、浦安の様々な表情が楽しめる個展です。鉛筆で描かれた力強い描線と、鮮やかな水彩の対比は今年も健在。

  2. 1965~72年の浦安の写真展に行ってきました。当時の雑踏と熱気が手に取るように感じられる、白黒写真の魔法にかかった。【28日まで】

    今日の舞台は、浦安…ではありません。やってきたのは、西武池袋線・江古田駅。   駅を出て商店街を歩くと、すぐに『日本大学芸術学部 江古田校舎』が姿を現します。

  3. 力強い線と、偶然が生む水彩の魅力。小学校の先生でもある今井さんの個展が、オリエンタルホテルで開催中

    新浦安駅前のオリエンタルホテル・2階にある市民ギャラリーで、浦安在住の水彩画家・今井弘さんの個展が行われています。浦安・元町の風景を中心に、力強い線と水彩絵の具で描かれた絵の数々…懐かしくも、現代っぽくもある独特の作風の秘密は、今井さんのルーツにありました。

  4. 木の道具と、消しゴムハンコと、ピンクのアルパカ…!? 絵本のような世界観の個展が猫実珈琲店で開催中。【10/23まで】

    10月10日から猫実珈琲店さんで始まっている『タニグチミドリ展』。「ピンクのアルパカ(?)がいる!」「ネコガチャ(!?)ができる!」…と聞きなれないワードが飛び交うこの企画展、なんだか枠に収まらない世界観の企画展なのでは!?と、早速お伺いしてきました。

ページ上部へ戻る