市民による浦安の地域情報総合サイト

生活・暮らし

  1. 子育て世代が浦安市に住むべき4つの理由

    日本の市町村の中で最も平均年齢の若い市町村である浦安市。(wikipediaより) 高齢化率も日本最低水準、財政力指数も日本一といわれています。 よく「オリエンタルランドなどの法人税が主な財源なんでしょ?」といわれますが、違います。

  2. 浦安にて、子育て診断士による子育てセミナーが行われました!

    「子育てに休日はない」――そんな戦い真っ只中のママパパを応援する子育てセミナーが、5月下旬に浦安で開催されました。講師は浦安で唯一「子育て診断士」の資格を持つ方。もちろん子育て診断士さんも浦安市民!…ということで、会場はちょっとした近所の交流会のような、アットホームな雰囲気につつまれていました。

  3. 1000円でオーケストラが楽しめる!浦安シティオーケストラを聴きにいってきました

    6/7、浦安シティオーケストラ第44回演奏会が浦安市文化会館大ホールで行われました。今回で44回目という事なので、一度は演奏会に行かれたことのある方もいらっしゃると思います。なんといっても魅力は1000円(前売り)でオーケストラが聴けるということ!ちなみに高校生以下と65歳以上は500円です。

  4. 浦安市立中央図書館

    定休日廃止!浦安市の図書館が週7日使えるようになります!

    浦安、月曜も利用可へ 県内の図書館最多の開館日数http://www.chibanippo.co.jp/news/local/260002千葉日報の記事によると、浦安市の中央図書館、各地区公民館などに併設された分館を含め月曜定休を撤廃し、週7日利用可能になる、とのことです。

  5. スマートな図書サービス

    浦安市の図書サービスを利用したことはありますか?浦安市では図書利用券を発行してもらう際にパスワードを貰い、インターネットサービスについて説明を受けられます。目的によって本の探し方は異なるかと思いますが、効率的な本の借り方のご紹介です。

  6. 「千葉県民の日」はおトクがいっぱい

    6月15日は千葉県民の日です。毎年6月15日になると公立学校がお休みになるので、千葉県の公立学校に通っていた方は千葉県民の日があることをご存知かと思います。千葉県民にとっては当たり前ですが、実はとっても貴重な記念日なんです。

  7. 東京メトロ東西線の発車ベルがメロディに変更!つなげて聴くと1曲になるらしい

    最近、東西線を利用したときに「あれ?いつもとなんか違う…」と思った方、多いのではないでしょうか。実は先月下旬から、東西線の発車ベルが発車メロディへと順次変更されています。 通勤で東西線を利用している筆者が最初に気づいたのは、5月22日の九段下駅。

  8. カフェテラスin境川2015(平成27年5月31日)

     5月30日(土曜日)・5月31日(日曜日)2日間でカフェテラスin境川2015が開催市内ホテル、地元飲食店、自治会によるグルメが提供されています。場所はこちらです。市役所周辺、あけぼの橋から江川橋までGoogle地図参照 テントを設置してホテルの味を吟味できるとのことは嬉しいですね。

  9. 夜の浦安駅

    物件を見に行く時って日中が多いですよね。前回は、夜のJR京葉線「新浦安駅」をご紹介しましたので、今回は、夜の東京メトロ東西線「浦安駅」周辺をご紹介したいと思います。過去ブログ⇒「夜の新浦安駅前」駅の南口です。

  10. ヘリポートのある公園

    今回は “広尾防災公園” のご紹介です。 こちらの公園は2010年4月に防災とレクリエーションの場として開園された公園です。普段は公園として利用できますが、災害発生時には避難広場や緊急用ヘリポートなどに活用されます。 駅からは少し離れているのですが、駐車場があるので便利です。

ページ上部へ戻る