市民による浦安の地域情報総合サイト

生活・暮らし

  1. 浦安を自転車で正しく走ろう!

      浦安市は平坦な道が多く、駅周辺には自転車置き場も多く設置されている為か自転車を利用する方が多くおります。しかしながら残念なことに携帯電話片手で運転したり、スピードを出して歩行者の間を通り過ぎて行く自転車・無灯火の自転車を見かけます。

  2. トリクルダウン

    いつまで続く?浦安の不動産価格の値上がりトレンド。

     ■浦安の不動産価格の上昇はいつまで続く?2013年から値上がりを続ける浦安の不動産市場は、いつまで続くのでしょうか?東京オリンピック招致の経済効果で、2020年を目指して浦安の地価も上がっていくだろうと考える方が増え続けています。

  3. 365日24時間総合病院・新築

    2015年3月4日・行徳総合病院が新築、移転開業します。365日24時間体制の総合病院です。(行徳総合病院ホームページより)東京メトロ行徳駅徒歩5分の現在位置からは駅から離れますが、車でのアクセスは便利な場所に移転します。

  4. 子育てしやすいまち浦安へ。浦安版「ネウボラ」の「子育てケアプラン」を実際に体験してきました。

    北欧の子育て制度「ネウボラ」が浦安市にやってきた。そもそもネウボラってなぁに??ネウボラとは、フィンランドの行政機関が運営する子育支援施設のことです。子育てには様々な場面があり、妊娠時や育児の際など受けられるサービスや制度、相談事や悩みなどが多々ございます。

  5. 4月に新浦安に上陸!「THE COLOR RUN」とは?

    license Chris Phutully from Australia来る4/11(土)、新浦安にあの「The Color Run™ 5K(カラーラン)」が上陸します!カラーランとは「The Color Run™」 は2011年にアメリカで創設され、「The Happiest 5...

  6. 凧

    浦安の子ども凧揚げ大会のお知らせ

    2月11日(祝日)は、今年で35回目になる浦安市子ども凧揚げ大会が予定されています。毎年、300人ほどの子どもたちがめいめいの凧を持ち寄って電線などを気にせずに走りまわり、高く揚げることを競ったり、珍しい連凧の揚がる様子を眺めたりできます。

  7. 東京ベイシティバス

    舞浜駅から浦安駅までお得に乗車 エコ・サービス!(東京ベイシティバス)

    年末年始の体験それは年末年始の出来事でした。会社が休みに入り、私は妻と舞浜駅にある商業施設イクスピアリで買い物と映画鑑賞をしようかと、バスに乗った際のお話です。その日は元々浦安駅に用事があったので、そこからバスに乗り舞浜駅に向かうことにしました。

  8. ”監督”が銀行を緊急調査、その理由は

    2/3こんな話題が経済紙の見出しになっています。「金融庁が銀行を緊急調査」と聞けば、ドラマのあのシーンが浮かびます。何事かと気になるニュース。

  9. 「柊鰯」~節分の風習

    浦安の実家では節分の日に玄関やトイレの入り口に柊に鰯の頭を刺したものを取りつけます。柊の葉はギザギザしていて鬼が家に入って来るのを防ぐためだと教えられました。鰯の頭は(もちろん焼いています)その魚臭さでやはり鬼の進入を防ぐと言われています。

  10. 浦安高洲海浜公園

    浦安の人口が増えないことは震災の前から決まっていた

    2011年3月の東日本大震災で浦安は地盤の液状化現象による被害を受けました。地中深く、堅固な層に杭を打っているマンションは大丈夫でしたが、そうではない木造2階建てのような一戸建て・アパートは建物が傾いてしまったところが多いです(液状化の被害により人命が失われることは無かったです)。

ページ上部へ戻る