市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【News report】現代の子ども達って、実は運動不足かも?!

『かけっこ』の延長ではじめられる陸上は、運動の基礎を作ってくれる。楽しく飽きずに!無理なく体力を付けられる陸上サークル活動が、浦安で行われていました。 

「昔は放課後になるとランドセルを放って外に繰り出し、どろんこになりながら遊びましたよね。道路も今ほど整備されてなく、坂道や砂利道を歩くなどの日常の環境の中で、体力や敏捷性などの運動能力を自然に身に付けていました」。現代の子ども達は運動能力の2極分化が進み、昔に比べて運動不足の子の割合が増えてるんですよ、とお話をしてくれたのが浦安で陸上競技のサークル「エムズ81(エイティーワン)陸上クラブ」の活動を行う須藤元久さん。子どもたちが将来健康な身体を維持するためにも、学校の体育の時間+毎日1時間ほど運動すべき…とも言われているそうです。そんな時代背景を受けて活動している須藤さんのサークル。サークルと言ってもその内容は子どもたちに必要な体力や運動能力を養い、更にはキッズアスリートとしての体幹や敏捷性なども自然な動きので身に付けられる本格的なもの!


青く澄んだ空と広大な芝生が心地よい浦安市総合公園でサークル活動は行われていました! 一つ一つの動作にはちゃんと意味があって、特別に筋トレをしなくても、運動に必要となる自然な動作の中から体幹を鍛えられるようにしているそう。何よりも、子ども達が「次はどんなことするの?」と終始楽しそうにトレーニングしている姿が印象的でした。

積極的に準備を手伝う子ども達。一緒にお手伝いしている大人の方、スタッフさんかと思ったら保護者の方々でした! ママやパパも参加が出来るから、子ども達も嬉しそうです。親子が一緒になってチームを創り上げている…そんな感じがしました。

 取材当日、スタジオ収録の進行台本のような細かな時間割や「ねらいやポイント」が書き込まれた練習メニュー表を特別に見せていただきましたが、内容の充実さに驚きました。「その時代の子ども達に大切なことは何かを考え、個々のメンバーごとに異なるアプローチで目標達成と思い出づくりのお手伝いをしたい」と、幼児の成長や心理から専門的なコーチング技術に至るまで様々な資格を持つ須藤さんですが、「勉強に終わりはない! 過去の知識や常識だけに頼らず、変化する時代背景に合わせて情報や価値観を更新し続けることを心がけています」とのこと。幼少期は将来に必要な礼節や体力を身に付け、様々な条件に素早く反応できる能力を引き出すことが重要だからと、過度なトレーニングはあえて控えているのもそんな理由が大きいそう。「クラブを一緒に創り上げるという機会もかけがえのない経験になると思います。ただ教わるだけ、自分だけが速くなれれば良いのではなく、大人さえ忘れかけている優しく親切な心も育む…。感受性豊かな時期に身に付けてほしいです」。アットホームな環境も地域サークルならではの良さですね。気持ち良さそうに爽快に走る子ども達…みんなとっても楽しそうでした!


第39回 浦安市市民陸上競技大会では小女子100 mと走幅跳びで1位ほか上位入賞者多数! 大会出場も子ども達の目標・励みになります。

●体験は事前予約が必要です。時期により体験申込および新規入会ができない場合がございます。詳しくはホームページをご確認ください。

Ms81 陸上クラブ エムズエイティーワン
対象:小学1~6年生 ※中学生は応相談です
活動日:土曜9:00~(浦安市総合公園 ほか)
水曜19:30~追加自主練習・任意参加(陸上競技場 ほか)
http://www.ms81.org/urayasu/index.html

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」7・8月号に掲載された内容です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る