市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【浦安に夏を呼ぶ人】ひんやり甘~ い癒しをお届け。優しいケーキ屋さんが“ かき氷” はじめました!

夏と言えばかき氷! 日の出のケーキ屋さん「プルーム」から、今年も夏季限定かき氷が登場しました。

北海道大雪山の天然水を10 日間かけてじっくり凍らせた氷を使用。さっくり立つように削られた氷は、サクッふわっとした舌触り滑らかな食感。

最後まで果実の風味を楽しめるようにと、自家製シロップは4層にわけて氷と氷の間にたっぷりとかかっています。なんと贅沢!

「使用している氷は、10日かけてじっくり凍らせたものなんです」。そんな驚きのお話から始まった今回の取材。北海道大雪山の天然水を使った氷は時間をかけて凍らせることで密度が高まり、サクッふわっとした独特の食感を出せるそう。「かき氷をはじめて5年。色々試作を繰り返してみて、この方法が一番美味しいと辿り着きました」。

毎年新しいフレーバーが登場するのもプルームのかき氷の特徴の一つで、「お客様に楽しんでいただきたいのが一番の理由ですが、作るからには自分も楽しみたいと思ってしまい、色んなフレーバーを試してしまうんですよね」と、試作段階を思い出して楽しそうにお話するシェフパティシエの野々山さん。研究熱心ですね! と感心していると 「飽き性なだけですよ…」なんて謙遜されますが、過去にはケーキ屋さんが作る苺大福やどら焼き、はたまた焼きたてパンが登場したこともあり、かき氷以外でもその探究心を伺うことが出来ます。

そんなプルームのかき氷、今年の新フレーバーは「白桃」と「メロン」。どうして桃とメロンだったのでしょうか?「実は白桃は去年の裏メニューだったんです。常連のお客様から『桃が食べたい!』とリクエストをいただき作ったら好評で。ケーキ類でも夏の一番人気は桃だったので、今年は絶対にやりたい! と思い作ってみました。メロンはお店にいつも直送をしてくれる、山形県の農家さんの『鶴姫』というメロンが本当に美味しくて! かき氷にしたらもっと美味しいと確信しメニューに加えました」。新しい2つのフレーバーに定番の3つのフレーバー、それぞれのシロップはお店の厨房で丁寧に果実から手作りされています。

白桃950 円 白桃を漬け込んだシロップをたっぷりとかけて…。桃の甘い香りと一緒にフレッシュな果実をほおばれば、暑さも忘れてしまいそう!(7 月中旬~)

メロン750 円 果肉をつぶしてビューレ状にしたシロップはメロンの風味が濃厚!メロン好きにはたまりません。練乳との意外な組み合わせも、相性ばっちりです。

イチゴミルク750 円 イチゴとフランボワーズのピューレを煮詰めたソース。甘みの中に見え隠れする心地よい酸味がさっぱりとしていて、ペロっと食べられてしまいます。

マンゴー750 円 マンゴーにパッションフルーツのピューレを隠し味でプラス。マンゴーの香りと甘さを引き立てるコクのある酸味が、とっても爽やかです。

濃厚抹茶750 円 西尾の抹茶をふんだんに使ったかき氷。濃い目の抹茶ソースのほろ苦さと練乳の甘さが絶妙で、毎年大人の方に人気なのだそう。

+300 円で氷をミルク氷にすることが出来ます!…アイスのような食感が特徴で、濃厚さもさらにアップ。一つ上の贅沢なかき氷を楽しみたい方にオススメです。

夏限定の「果実のゼリー(270 円)」。香料や着色料は一切使わず、素材の甘さを活かした優しいゼリーです。添加物を極力使わず、誰もが安心して食べられるよう作られたゼリーは、大切な人への贈り物にもピッタリ。お中元や夏休みのお土産に、いかがですか。

「かき氷に限らず、お店の商品は全て『自分の子どもにも食べさせられるものを』をコンセプトに、誰もが安心して口に運べるようにと作っています。暑い日はぜひ、冷たい氷に癒されてください!」実は2児のパパでもある野々山さん。そんな野々山さんの作る優しくてひんやり甘~い夏の癒しを、ぜひお楽しみください!

patisserie plume パティスリー プルーム…浦安市日の出1-3-1 047-305-6050
月休 11:00~19:00

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」7・8月号に掲載された内容です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る