市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

ウラヤスフェスティバル2018の日程と浦安しあわせの稚児行列!!

夏も本番!これから各地でお祭りが開催されるので楽しみの多い季節ですね。

浦安市のお祭りの中でもとても規模の大きいお祭り、ウラヤスフェスティバルは
今年は9月15日(土)16日(日)で開催される予定のようです。

自宅にあるチラシが入っていたのですがパッと見たら「パレードへの参加者大募集!」、「小学校に入学する前の思い出に・・・」と来年小学校にあがる娘がいる私にとって気になるキーワードがかいてあったので見てみました。

9月16日、ウラヤスフェスティバル2018で行うパレードで「浦安しあわせの稚児行列!!」というパレードがあるそうで、その参加者を募っているという内容でした。

対象は市内在住の平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれの子ども50人程度です。
申込が多数になった場合は抽選になるそうです。
そして子供1人につき保護者1人の付き添いが必要です。

日時は9月16日(日)正午~15時くらいまで(パレードは30分くらいだそうです)

費用は6,000円
これには祈祷料、貸し出し衣装代(大人含む)、写真撮影代、幸福鈴代が含まれています。
草履と足袋も借りる場合は別途1,500円必要です。
写真(2L判)は後日データとあわせて自宅に郵送してくださるそうです。

申込は8月10日(金)までに参加申込書に記入のうえ、ウラヤスフェスティバル2018 実行委員会事務局へ直接持参またはFAX、郵送、Eメールで提出か申込専用フォームから申込できます。


注意が必要なのは、申込完了後のキャンセルが出来ないこととパレード当日が荒天で中止になっても費用の返金はないことです。

そもそも稚児ってなんだろう・・・というところですが、稚児(ちご)とは本来乳児、幼児のことで「ちのみご」という言葉が短くなったものと言われているそうです。稚児行列の稚児とはちのみごを短くしたものとは少し違い、平安時代にお寺に預けられた子供たちのことを言うそうで(大体6歳くらいまで)、行儀見習いや僧侶の手伝いをしていたと言われています。御仏様に奉仕する身なので稚児行列も修行の一環で、魂の清らかな子供には神霊が降臨すると考えられており、古くから信仰の対象とされていたそうです。
お化粧にも意味があるそうで、化粧をすることで神様が降臨している・・・ただの子供ではないという目印になるそうです。
 
ウラヤスフェスティバルの稚児行列では浦安の発展と健やかに育った感謝を胸に・・・という意味がこめられているそうです。

この機会にしか出来ない貴重な体験なので娘に話てみようと思います。
対象者が来年小学校に上がる年の子なので偶然お友達に会えたりということもあるかもしれないですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

ページ上部へ戻る