市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【今昔うらやす】え!?これがシンボルロード!?昭和60年早春の貴重なショット!

みなさん、こちらの写真、浦安市内のどこを写したものか分かりますか?


かなり昔の写真だな、とお気づきになられたと思います。しかし、どこの場所なのか見当もつかない方がほとんどではないでしょうか。

ではヒントをひとつ。中央からやや右下寄りにセブンイレブンの看板が見えますね。その奥の白い建物、小さく入船歯科医院の文字。そう、場所は入船です。

ではいま現在、2018年のこの近くの画像を見てみることにしましょう。シンボルロード沿い、入船中央交差点。

入船保育園を背にして立ち、

左方向へ、目をやると明和地所があります。そしてその奥、左隣を見ますと…。
 
ありました!歯科医院の名前が!

そう、先ほどの写真は、このあたりの風景なんです。撮影者さんがこの写真が撮られたのは昭和60年(1985年)早春とのこと。今から30年以上も昔です。このエリアには今、複数の医院、クリニックが存在しています。

では、お次はこちらの写真。どこの風景かお分かりになるでしょうか。同じく、昭和60年早春に撮影されたものです。


右手側に広い土地が見えています。もう少し、右側に寄って見てみましょう。


ずいぶん広々した空き地ですね!ここが今…。

みなさんお馴染みのイオン新浦安やモナのある新浦安駅駅前なんです。

昭和60年の写真、もう少し右によってみましょう。右側に高架が見えますが…。




あれ?日頃よく見慣れたものが見当たらない…? そうなんです。この時代、まだここには駅がありません。新浦安駅のオープンは、1988年12月。この写真が撮られた3年もあとのことなんです。

この30年で新浦安駅周辺は目覚ましい発展を遂げてきました。

2000年以降の新浦安付近の写真です。


今や、懐かしいオレンジのダイエーの看板。

 
2006年新浦安駅前プラザ マーレがオープン。2017年には浦安音楽ホールもオープンしました。

トップ画像。真ん中を走っているのがシンボルロードです。右手奥の方に見える広大な空き地は、いま現在、高層マンションの建ち並ぶ明海・高洲のエリアなんです。


一面の野原でなにもないのが分かります。マンションが建ち並ぶ前は、野生のタヌキが間近で見られた、なんて話を釣人から聞いたことがありますが、この写真を見れば、さもありなん…、ですね。

写真①~⑥の場所はこのあたりです。


2018年現在。ショッピング、飲食、宿泊、文化、行政、駅前保育施設、鉄道と、生活に必要なあらゆるものが集合した新浦安駅近隣エリア。これからも私たち市民の暮らしを支え、豊かな時間を過ごす場所として、さらなる発展を遂げていくことしょう。

※編集部注:「撮影者に掲載の承諾を得ているのか」というご指摘をいただきましたが、撮影者様の承諾を得て掲載しております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

ページ上部へ戻る