市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

境川を優雅に泳ぐ200匹のこいのぼり! 岸から岸へ、どうやって渡っていった…!?

4月半ば、今川・少年の広場にて気持ちよく日光浴していた浦安のこいのぼりたち。

GWに境川を元気に泳ぐこいのぼりたちが、今川・少年の広場で日光浴!

ゴールデンウィークには、いよいよ境川で泳ぎ出します。

80メートルの川幅より長いロープにくくりつけられたこいのぼり。このプロジェクトを主催する【境川にこいのぼりを泳がせる会】のみなさんは、毎年この長い長いロープを美浜側・富岡側両岸に一体どうやって渡しているのでしょう?

4月30日の朝9時半過ぎ、境川・今川橋付近に訪れてみると、美浜側・富岡側とも川沿いに大勢の人が集まっています。

川沿いに点々と置いてあるポリ袋。これ、ゴミじゃないんです!このあとロープに吊されるこいのぼりが23匹ずつ入っているんです。

道端に寝ている(?)こいのぼりたちの手前で男性と右側の子どもがロープを握っているのがわかりますか。これこそが境川にこいのぼりを泳がせるための秘策!

このロープは今川橋をはさんで、美浜側・富岡側に渡されています。とても長いロープです。

手前の女性が握っている緑のロープがそれ。

このように間隔を空けながら何人かの人がこの緑のロープを握っています。


この長い長いロープに、こいのぼりを吊したロープをかけ、美浜側から送り出し…、


富岡側からたぐり寄せていくんですが…。


その間、美浜側・富岡側に渡した長い緑のロープを引いたり、緩めたり、両側から絶妙にコントロール。

 




スルスルと気持ちよさそうに境川を渡って行くこいのぼりたち。

 



美浜側から富岡側へ、こいのぼりが渡ってきたら、ロープの端をしっかり柱に結わえ付けます。

 

 
宣伝効果の甲斐もあり、今年は子どもたちを含む大勢のボランティア参加がありました。

身軽なのに力持ち、アイデアも豊富な美浜南小・入船小“おやじの会”のお父さまたちは、25年の歴史を持つ【境川にこいのぼりを泳がせる会】と共に大活躍!

こいのぼりは、4月30日からこどもの日・5月5日まで、約一週間境川の上を泳ぎました。

来年はぜひ、お子さんと一緒にこいのぼりを泳がせてみませんか?ゴールデンウィークの素晴らしい想い出になること、請け合いですよ!

【境川にこいのぼりを泳がせる会】電話:047-353-3163(長崎会長)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る