市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安市国際センターで行われている幼児向け英語教室「Bees English Club」で英語が好きになる!

きっと小さいお子さんお持ちのパパやママは、可愛い我が子が大きくなってから英語に不自由しないため、質の高い英語に触れさせてあげたい…と思っていることでしょう。そして、耳の感覚が鋭い幼少期に始めたいけど、無理強いはしたくないし、あまりお金もかけたくない…という方も多いはず。一体いつから、どんな風に始めればいいのか悩みますよね。
そんなパパやママに是非おススメしたいのが、浦安市国際センターで行われている幼児向け英語教室「Bees English Club」です。

2月27日(火曜日)、私も英語が大好きな3歳の娘と一緒に初めて参加してきました。「Bees English Club」は、本格的に英語を学ぶ前の子どもたちを対象に、英語の歌や絵本の読み聞かせだけでなく、体を動かしたり、ゲームやぬりえをすることを通して保護者と一緒に英語に親しむクラスです。小さい頃からリアルな英語を聞いて、子どもたちにとって英語が身近なものになるように、授業はすべて英語で行われます。友人から聞いていた通り、何よりも子供たちが英語を「楽しく」学ぶことを考え、構成されたプログラムばかりでした。

講師はメキシコ出身の田中シルビア先生。カナダの大学の外国語学部で英語を学び、メキシコの小中学校で8年間英語教員として勤務後、英語のコーディネーターを1年間務めた経験をお持ちです。2012年に来日し、2015年より浦安市国際センターで幼児向け英語教室「Bees English Club」の講師を務め始めました。笑顔が素敵で、褒め上手な優しい先生です。

国際センターの受付で参加費500円を支払い、カラフルにデコレーションされた可愛いお部屋に入ります。

中では靴を脱いでカーペットの上にみんなで丸くなって座ると早速レッスンが始まりました。シルビア先生やクラスのみんなに「Good morning!」と元気に挨拶をした後は、今日の日付、天気、季節などをみんなで確認し、1月~12月、日曜日~土曜日、春夏秋冬、様々な天気などを楽しいイラストと一緒に学びます。何度か参加している子は元気よくスラスラと言えていて驚きました。

毎回テーマを決めてレッスンが進められますが、この日のレッスンのテーマは「職業」。警察官、消防士、パイロット、お医者さん、看護師、先生、歌手、タクシー運転手、スクールバス運転手、農家、アクロバット、ジャグラーなどのたくさんの種類の職業を絵で見て、繰り返し聞いて、何度も発音しました。身近な職業や憧れの職業も多かったので、子どもたちも理解しやすかったと思います。娘はスーパーのレジ係になりたいと常々言っているのですが、「英語でレジの人はなんて言うの?」と私に聞いていました。(笑)

リズミカルな歌もたくさん歌いました。初めて聞く歌もありましたが、テレビモニターに歌詞が表示されるので、ママたちはなんとなく歌の内容が分かったり、口ずさんだりできます。子どもたちは知ってる曲、知らない曲に関係なく、腰を振ったり、ジャンプしたりして、とっても楽しそうでした。

♪ How are you today?
♪ Old MacDonald had a farm
♪ I’m hungry
♪ Baby bumble bee
♪ Twinkle twinkle little star

絵本の読み聞かせ。タイトルは“My first visit to the doctor”

初めてお医者さんに行った時のドキドキ感を思い出しているのか、子どもたちは真剣な表情で、お話の世界に釘付けでした。絵を見ているだけでストーリーが理解できる内容で、1ページの英語の量が少ない本だったため、一つ一つ日本語に訳さなくても子どもたちはちゃんと理解できる様子でした。

アクティビティ/ワークシートは、その日に学んだ「職業」を使って、ビンゴゲームをしたり、単語の最初の文字をノリで貼ったり、色を塗ったりしながら、繰り返し耳で聞いて、口に出して楽しく学びました。
 
それぞれのアクティビティを通して、ABCのアルファベットや色の種類なども学習することができました。シルビア先生の誘導で、次から次からテンポよくプログラムが進んでいくので、子どもたち40分間飽きることなく、レッスンに集中し続けることができます。でも、もし途中でお子さんのご機嫌が悪くなってしまっても大丈夫。「楽しく」がモットーのクラスですから、無理に参加させるような雰囲気は全くありません。小さい頃に身につけた「英語って楽しい!」という感覚は、大きくなってから英語への高い学習意欲につながっていくと言われています。無理することなく、継続して英語に触れていくことが何より大事ですね。

今年度のクラスは終了していますが、嬉しいことに次年度も4月~9月まで事業継続が決まっています。

運営内容は今年度とほとんど変わりませんが、土曜日開催の対象年齢が、「4歳~5歳の子どもとその保護者」から「4歳~6歳の未就学児とその保護者」と変更されています。これまで継続して参加してきた今年6歳の未就学児さんは喜んでいることでしょうね。

会場となる浦安市国際センターは、新浦安駅前プラザ イル・マーレの2階、新浦安駅前交番の上です。駅から直結なので、子連れでも、お天気が悪くても助かりますね。定員は、どちらも親子10組(先着順)。電話での事前申込みが必要なのですが、どちらも大人気のクラスなので、火曜日クラスは受付開始日のうちに定員に達することが多く、土曜日クラスは、受付開始日から2~3日の間にはいっぱいになることが多いそうです。申込開始日の9:00以降、できるだけ早めに予約電話した方がよさそうですね。参加費は、各回500円/組。リーズナブルなので、気軽に参加できるのが嬉しいですよね。
申込・問合せ:浦安市国際センター受付 TEL:047−306−5181 開館時間:9:00~21:00 休館日:祝日・年末年始

2020年のオリンピック開催地が東京に決定した事をうけ、英語教育の低年齢化が加速度的に進むと言われています。浦安市でも現在、小学校1年生から年14時間の外国語活動の授業を行い、市立全小中学校にALT(外国語指導助手)を各1名配置しているそうですが、小学校に入るまでに「Bees English Club」で質の高い英語にたくさん触れ、国際感覚を養ったり、多様性に寛容な心の豊かさを手に入れてほしいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る