市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

脇道を入ると…そこはまるで、「アニメ映画の世界」でした!

定期検診や人間ドックなどで「運動不足」という、ありがたくない診断結果が出てしまう人、少なくないと思います。かくいう自分もそのひとり。市内公民館ではさまざまなスポーツ体験できますし、テニスコートやスポーツジムも充実していますが、日頃運動する習慣のない人にとっては結構敷居が高いものです。

そんな私のオススメの運動不足解消法は、とにかく「歩くこと!」。

ここ「浦安に住みたいWeb」をよく閲覧している方はご存じのように、浦安にはぞくぞくと新しいお店がオープンしています。そんな話題のニューショップや、知る人ぞ知る、浦安の隠れた名店との出会いは、市内を歩くことによって見つけられる!と言っても過言ではないのです。

今回、ご紹介したいのは、とっておきの散歩道。初めてその場所に足を踏み入れたときは、某人気アニメーション映画の、「トンネルの向こうは、…」という有名なキャッチフレーズを思い浮かべたほど。そう、あのユニークで人なつこい“もののけ”たちや、神さまがひょっこり現れそうな雰囲気なんです!

平日も休日も大きなトラックが何台も通る、非常に交通量の多い、若潮通り沿い。お世辞にも「閑静な」とは形容しがたいエリアなのですが、一歩脇道に入ると…。


隣り合った大通りの喧噪はどこへやら。静かな木陰の道が現れます。


小径の入り口は新浦安方面からだと富岡交番のある交差点のあたり。中央公園通りと若潮通りのぶつかったところにあります。

 

富岡交番の横断歩道を若潮通り沿いに渡ります。ここが不思議の森への入り口。緑濃い樹木に囲まれた小径がつづきます。
  

小径の外側は、この通りの交通量。

大通りから眺めてみると、美浜から弁天、見明川までえんえんと丈高い木立があります。

小径はこの木立に守られた空間だったのです。

この濃い緑の内側に一歩足を踏み入れれば、森の中!たちまち外の喧噪が吹き飛んでしまいます。
 

 

見明川中学校の手前で小径は途切れます。

距離としてはわずか300メートルほど。自家用車や交通機関をつかえばあっという間の距離だけれど、森閑とした木々の中、のんびり歩いてみるのはいかがですか。道を一本へ立てだだけで大通りの喧噪が小さくなるのがポイント。

往路・復路、季節によっても雰囲気がガラリと変わるので、そちらも是非堪能してみてください。今ならちょうど桜も見頃ですよ!

木立に囲まれ、夏は涼しく、冬はほのかにあたたかく感じられる、緑豊かな、とっておき散歩コースのご紹介でした!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る