市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【浦安マラニック】この春初開催!ゆる~くマラソンをしながら、浦安の素敵スポットや歴史を学ぶ【参加者募集中】

マラニックとは、マラソンとピクニックを掛け合わせた言葉。全国でも開催されている地域が多く、「楽しかった!」「知らない街のことを知れて面白かった」「走るって気持ちいい」と人気のイベントなのだそう。今回浦安でも初めて『浦安マラニック』が開催されるとのことで、実行委員のお二人に「浦安でのマラニックはどんな感じになるの?」とお話をお伺いしてきました。

浦安マラニックを立ち上げたのは明海大学の3年生!
なんだかすごく面白そうな企画の予感…!!


こちらが実行委員のお二人。右が浦安観光コンベンション協会の笠木さん、左が明海大学3年生の花香さん。笑顔がとっても素敵なお二人は今回のイベントへの想いを、アツくお話してくださいました。

―今回のイベントを開こうと思ったきっかけを教えてください。

花香さん)高校までずっと陸上をやっていて、その経験からスポーツと観光をうまくコラボレーションできないか…と考えていたんです。そんな時に大学のイベントで笠木さんに出会い、ふとした世間話からそんなことをお話したら、意気投合!具体的に進めるにはどうしたらいいかと、動き出すようになりました。

笠木さん)私も以前からスポーツ、特にマラソンと観光を組み合わせた企画をしたいと思っていたんです。以前都内のマラニックに参加をしたことがあって、すごく楽しかったんですよね。これを浦安でも是非やりたいと思っていたところで、花香さんと出会ったんです。

―世間話から繋がった、すごい縁ですね!

笠木さん)そうなんです。人の縁ってとても大切で…。私は協会に勤め始めてから浦安の方々、特に元町方面の方々に色んなお話を聞いて浦安の“モノの魅力” “人の魅力”を知りました。皆さんとってもあたたかくて個性的で、いい人たちなんですよね。そんな魅力もマラニックを通じて伝えたいんです。

花香さん)“浦安の魅力を伝える”というのは、今回のマラニックの大きな目的のひとつでもあります。友人に「浦安と聞いてイメージするのは?」と聞くと、ほぼ皆が答えるのが「ディズニーランド」なんです。それは当たり前だし、当然といえば当然だと思うのですが、でもディズニー以外にも実は浦安には面白いもの、魅力的なものがいっぱいありますよね。私たちはただ知らないだけなんです。そんな光り輝く小さな観光資源の魅力を知ってもらうことは、これからの時代大切なことなんじゃないかって思っています。


笠木さん)小さな観光資源ってとても重要な役割をもっていると思うんです。世界遺産やレジャー施設など、たとえ目立つ観光資源がない地域でも小さな観光資源はいっぱいあって。個人商店もその一つです。その部分をピックアップすることで、たちまちその地域は魅力的な観光地になると思うんです。

―すでにあるものが実は魅力的な観光資源であること…確かにそうですね。でも、実際に住んでいると当たり前になってしまっていたり、そもそも興味が無かったりして、その魅力に気付けないこともありそうですね…。

花香さん)そうなんですよ!すごくもったいないですよね。そこで“マラニック”なんです!!

新町から元町までをゆる~くマラソン。
各所にある浦安の商店、歴史スポットをまわりながら浦安のことを知る。
マラソンだけど、食べたり飲んだりも有ります!

―マラニックが魅力を伝える鍵になるってことですね?!実際に、浦安マラニックではどんなことをするのですか?

花香さん)マラソンと言っても競技ではないので、本当にゆる~く、歩くよりちょっと早いかなくらいのペースで新町から元町までのコースを走ります。その過程で、浦安の歴史スポットや知られざる名所、美味しい商店を巡るんです。自分の足で回ることで印象にも残るんですよね。実際に試走会をしたときの様子はこんな感じでした。
 

花香さん)新町のマイアミのような街並みを抜けて境川沿いをランニング。フラワー通りや旧大塚家住宅、旧宇田川家住宅で歴史を学び、魚屋さんの泉銀さんでクジラを食べる!浦安とクジラって実は深い縁があるって知ってました?そんな小話も聞きつつ、浅田煎餅さんでおせんべいを食べて、さつまやさんでアサリ串を食べて、マルヒデさんで絶品のメンチカツを食べて…。
 
すみません!後半食べ物の話ばかりですが、その過程で“浦安トリビア”がいっぱい出てくるんです!!

 
笠木さん)
ガイドの説明とは他に、参加した人たちが自分の知ってる“浦安トリビア”を披露しているのも面白かったですよ。「この道路がこうなっている理由知ってる?」とか「あそこの角を曲がったところの焼鳥屋が旨いんだよ!」とか私たちも知らないことが飛び交って、新しい浦安の魅力を知ることが出来ました。

―(試走会の動画を見せていただき…)え!こんな道あったんですか?道路のペイントがすごくカワイイ…。私も浦安で10年働いていますが、知らないことってまだまだあるんですね。

花香さん)そうなんです。住んでいても知らないことってたくさんあると思います。なので市内に住んでいる方、浦安をまだまだ知らない方々に是非参加していただきたいと思っています。

笠木さん)あとは、これからスポーツを始めてみようかな?と思っている方にも参加していただきたいです。当日は初心者コースもご用意する予定なので、体力に自信のないという方も是非!一緒に走ると不思議と絆?も生まれて、いつの間にかお友達になっていたということもあります。マラニックがきっかけでマラソン仲間、スポーツ仲間を新たに作っていただけたら嬉しいです。

―大人になってからって、なかなか友達を作る機会がないんですよね…。マラソンは老若男女、誰でも参加できるスポーツなのですごく良いきっかけになりますね!なんだかマラソンの可能性の幅を感じました。

花香さん)スポーツの語源は“遊ぶ”なんです。もちろん競技も大切ですが、順位関係なく皆で楽しく走ることはとても大事だと思っています。走るってやっぱりキツイから、一人でやるにはそれなりのモチベーションと覚悟が必要なんですよね。でも誰かと一緒だと、くじけそうになったときも自然と応援してくれる人がいる。一緒に頑張ろうって、もう少しだよって。走ること、ゴールしたことで得られる達成感は何にも変えがたいものだと思います。誰かと一緒に走るマラソンには、そんな魅力もあるんです。

実際に、編集室の先輩が試走会に参加した記事はコチラ!

「楽しく、おいしく、健康に──」浦安マラニックが予想外に楽しかった【試走会体験レポート】

「浦安」と「明海大学」、「地域の人」と「学生」のつながり。
浦安マラニックは二つのつながりを作る架け橋にもなりそう。


笠木さん)明海大学の学生が企画の中心にいる、というのも地域にとってはとても重要なことだと思います。地域と大学がどう交わっていくか…関わり方って難しい部分もあるかと思うのですが、今回の企画で花香さんは一つ壁を破ってくれたと感じています。

花香さん)企画を考えたとき、大学の先生方が「いいね!やってみなよ」とすぐに背中を押してくださいました。すごく恵まれた環境にいるんだと実感しました。そんな明海大学の学生であることを誇りに思うし、他の学生の皆にも、明海大学を誇りに思ってほしいです。


私もそうでしたが、普段は新浦安駅から大学までの行き来しか浦安と関わることがない学生、多いと思うんです。だから街のことは何もしらなくて、駅⇔大学の範囲だけで完結してしまっている…でも浦安にはこんなに魅力的なものがあり、知ればもっと楽しくて大学のある街を好きになれる!今後はそのことを大学の皆にも知ってもらいたいです。そして学生がもっと地域の方々と関わりをもてるよう、動いていきたいと思います。

―学生ならではの若いパワーは、私たちにも元気を与えてくれそう!商店の方々も学生と話しをしているとき、とても嬉しそうなんだとか…。学生たちの底知れぬ力に、今後も期待ですね!

大学生がここまで浦安のことを考えて、真剣に企画を練った…
その原動力とは? ―「人との繋がりの大切さ」を知ったから。

―3年生ということは就活を控えた忙しい時期ですよね。それでも浦安のためにと花香さんを動かした原動力は、何だったのですか?

花香さん)そうですね…。きっかけは笠木さんや観光協会の方々に出会ってから人とのコミュニケーションの大切さを知ったことだったと思います。
2年生までは英語の勉強ばかりで(花香さんの学部はTOEICで一定の点数を取らないと進級できない!!)、大学内にずっとこもっていました。でもふと「これでいいのかな?活動が大学内で終わってしまっていいのかな?」って思ったんです。そこで一歩大学の外に飛び出してみたら、そこにはたくさんの人がいて浦安の魅力を知ることが出来ました。そのきっかけを作ってくれたのが“浦安の人”なんです。人との繋がりの大切さを知ったから、その繋がりを通して知った“良いもの”をもっと色んな人に伝えたいと思いました。

―将来的には年間で3000人の参加者を呼ぶイベントにしたい!今後はスポーツチームとのコラボやレンタルサイクルを使った企画等も考えたい!と、夢も広がる浦安マラニック。
最後に、今回の第一回目開催にあたり意気込みをお伺いしました。


花香さん)人生ではじめてのイベント企画…正直形になるかなと不安な部分もあったのですが、どんな形であっても実現させるぞ!という想いでここまでやってきました。
浦安マラニックは、街にも人にも、母校である明海大学にも何かしらの影響を与えてくれるイベントだと思っています。だからこそ、2回目、3回目と継続できて、私が卒業をした後も後輩たちに受け継いでいけるようなシステムを考えたいと思います。
参加してもらった方々に、浦安をもっと好きになっていただけるよう!全力を尽くしたいと思います!!

笠木さん)第一回目なので、まずは無事にイベントが成功することを願っています。そして「浦安はディズニーランド以外にも、魅力がたくさんある!」ということを浦安マラニックを通じてたくさんの人々に知っていただけたら嬉しいです。

―ありがとうございました!

 

浦安マラニックは現在参加者を募集しています!浦安の新たな魅力を発見し、浦安がもっと好きになるかもしれない今回のイベント…。是非市内の皆さんに参加していただきたいです。

浦安マラニック
開催日:4月14日(土)※小雨決行・荒天中止
集合場所:明海大学 浦安キャンパス (浦安市明海1丁目)


応募締め切り:4月3日 ※定員になり次第締め切りとなります。ご注意ください
参加料金:2000円(コース内でプランニングされている飲食代・傷害保険代含む)
※懇親会任意参加の方 別途会費3000円
応募方法:浦安観光コンベンション協会のメール、または電話での申し込み
※氏名、携帯番号、携帯メールアドレスを記載の上お送りください。
メール info@urayasu-kankou.jp
電話 047-350-7555
参加通知は4月4日(水)までにメールで通知されます。
定員:30名予定

当日のタイムスケジュール(スタンダードコース 約14kmコース)
9:00~9:30 受付
9:30~10:00 マラニック事前講習会&準備運動
10:00~14:30 マラニック
14:30~15:00 振り返り
16:00~18:00 懇親会(予定/任意参加)

浦安マラニックへのお問い合わせ:浦安観光コンベンション協会 047-350-7555

主催:浦安観光コンベンション協会
協力:明海大学、浦安ランナーズクラブ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

ページ上部へ戻る