市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

「デカフェのコーヒーって美味しくない」…そんな常識を覆す、デカフェのコーヒーバックが浦安の珈琲豆屋さんから登場! 【浦安マタニティライフ】

三度のメシよりコーヒーが好き! 身近に美味しいコーヒー豆を扱うお店が増えてきた昨今、そんなコーヒー好きも多いことでしょう。でも、妊婦はカフェインNG…。ネットの情報を見ると1日一杯くらいはOK、なんて書いてある記事もありますが、後ろめたさを感じながらでは美味しさも半減してしまいます。でもデカフェのコーヒーって美味しくないんだよなぁ…と思っていたら、なんと! 浦安のコーヒー豆屋『ゆうかcoffee』さんから、新製法で作られたデカフェのコーヒーバックが発売されたとの情報をキャッチ!! 早速取材してきました。

安全でコーヒーの風味も残してくれる技術『超臨界二酸化炭素抽出法』


やなぎ通り沿い、浦安駅入口バス停のそばにある『ゆうかcoffee』さん。「開店してから5年、お客様から『デカフェってありますか?』と聞かれることがあって、気にはなっていました。でも僕自身『美味しいデカフェがない』という思い込みがあって…。最近になって、知り合いから美味しいデカフェあるよという話を聞いたんです。試してみたら、おっこれはイイ感じ! それで、やってみようと思ったんです」と、店主の増田さん。

コーヒーからカフェインを抜く方法は3通りあります。一つは薬品(ジクロロメタン)を使うやり方で、海外では一般的ですが日本では販売禁止のもの。もし海外で買ったデカフェを持っていたら注意が必要です。次に、ウォータープロセスという日本でお馴染みの方法。水で成分を抽出し、カフェインを抜いてから他の成分を戻すのですが、どうしても風味が抜けてしまい、「デカフェは美味しくない」と言われてしまいがち。そして今回、ゆうかcoffeeさんで販売されているコーヒーバックにもなっているのが『超臨界二酸化炭素抽出法』。安全で風味も残せる新しい方法で、二酸化炭素を気体と液体の両方の性質を兼ね備えた状態(超臨界)にすることで、カフェインを効率的に溶かしだす…のだそうです。


使っているお豆の種類は『コロンビア』。もちろん、スペシャリティコーヒーのお豆です。「コロンビアは、口あたりが滑らかでコクが強い、一番コーヒーらしさのあるお豆なんです。カフェインを控えなくてはならないときほどコーヒーを飲んだ満足感を感じていただきたいので、少し深く焙煎しています。ここで焙煎したお豆を工場に送ってパック詰めしているのは、通常のコーヒーバックと同じですね」。

ドリップではなく、バックにこだわる理由とは

手軽にコーヒーを味わいたいときに重宝する『コーヒーバック』。ドリップタイプもよく見かけますが、ゆうかcoffeeさんで扱っているのはデカフェも通常タイプもティーバック方式です。

「コーヒーバックを使うシーンというのは様々ですが、うちのお客様だと職場や旅行先で飲むという方が多い。山登りに持っていくという方もいますね。以前はうちでもドリップタイプで出していたんですが、ドリップはどうしてもお湯を何度か分けて入れなければならない煩雑さがあります。ティーバック方式だとお湯を入れる手間は1度で済みますし、コップを選ばないのも良い点で、たとえば紙コップやタンブラーでも問題なく使えます。よりフレンチプレスに近い味わいでお楽しみいただけるのも良い点ですね」と増田さん。

実は以前ドリップタイプで販売していたときよりも、入れているお豆の量が増えているそうで…「ティーバック方式だと、ドリップよりもお湯をたくさん入れてしまいますよね。『いつもより薄いな』と思われないよう、増量したんです」。カップにティーバックを入れて、お湯を注いで4分。可能であればフタをしておくとお湯の温度が下がらないので、より◎とのこと!
 
…さて、4分経ちました。まずは香りを…うん、紛れもないコーヒーの香りがします。口に入れると滑るような舌触り。そして鼻に抜けるコーヒーの香りと、キレのある味わい、そしてスッと引いていく後味…。デカフェ特有の変なクセもないので、これは言われなければ普通のコーヒーだと思ってしまうのではないでしょうか!? デカフェで、しかも手軽なコーヒーバックでこの味わいが楽しめるなら、もう充分すぎるくらいです! 

浦安で5年。これからも買わずに美味しいコーヒーを届けたい

「ゆうかcoffeeの商品で意識しているのは、大きく3つ。ざらつきのないクリーンなコーヒーである証の『マウスフィール』、酸を表に出さない『甘さ』、そして『後口がスッキリしている』ということ。素材の良さはもちろんですが、お豆に合わせた焙煎の仕方においても、コーヒーバックを作るにあたっても常に意識していることですね」。コーヒーの風味と味わいを楽しめるデカフェのコーヒーバックは、コーヒー好きの妊婦さんや授乳中の方はもちろん、カフェインを控えたい方にもピッタリの一品。手軽なのでコーヒー好きな方への出産祝いなどにも重宝すること間違いなし!


今年で5周年を迎えたゆうかcoffeeさん。「5年…大変ですね(笑)。でも本当に、浦安の皆様に支えていただいています。これからも変わらずに、ずっと長く、美味しいコーヒーを皆様に飲んで欲しいなと思います」と増田さん。お忙しい中、取材のご対応をありがとうございました! 今の時期、お豆のオススメは春のブレンド『ひらり』、ストレートだと『パナマ・レリダ』とのこと。コーヒー好きの夫に買って帰ろうかな…。

そうそう、店内にあるこの木、何かご存知ですか?

なんと、開店当初から育てている『コーヒーの木』なのだそうです。小さな芽から鉢を何度も変え、ここまで大きくなったのだとか! もう立派な木ですね。「実はこの冬、2輪ほど花を付けまして。今もつぼみがたくさん出てきてるんです」と見せていただくと…本当だ!

この写真を撮影したのが3月の初めだったので、もしかするともうそろそろ咲いているかも!? お店に行ったら、ぜひこの『コーヒーの木』もチェックしてみてくださいね☆


ゆうかcoffee…浦安市北栄1-1-13 047-727-4692 月曜定休

 

【浦安マタニティライフ】の連載では、筆者が浦安で見つけたマタニティに嬉しいモノやサービスをご紹介していきます。乞うご期待!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る