市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

4/16開催【祝・第30回記念浦安市合唱祭】観客参加イベント「みんなで歌おう 浦安今昔物語」に興味津々!

漁師町の頃から芸事(歌や演芸)のとても盛んなところだったという浦安。プロ顔負けの歌や浪曲を披露する人も大勢いたそうですよ。浦安市にいま数多くの合唱団が存在するのは、そんな土地柄も影響してのことなのかもしれません。

毎年4月、浦安市文化会館で行われる「浦安市合唱祭」は、市内で精力的に活動する合唱団が一堂に会する大きなイベント。今年で30周年目を迎えます。下の画像は、第一回合唱祭の貴重な写真。浦安市合唱連盟さんよりお借りいたしました。今回も参加される浦安女声合唱団のものです。

初回開催時に参加された方々が今も元気に歌われており、また今年新たに参加される団もあるとのこと。市内で合唱を楽しむ方々の層の厚さが想像できますね!

今回、参加するのは15の合唱団体。それぞれの団の代表である実行委員が数ヶ月前から協議・準備等を重ね、「浦安市合唱祭」の当日を迎えます。魅力溢れる15の合唱団をまとめあげるのは、浦安市合唱連盟理事長・武澤さん。ご自身は浦安男声合唱団に所属されています。

ユニークなトークで会議の場を和ませながら、参加者の意見をどんどん引き出し、方向性を定めていきます。信頼の篤い理事長さんです。15の合唱団が熱心に練習を重ねてきたバラエティに富んだ選曲。極上のハーモニーとパフォーマンスを鑑賞するのが楽しみです。

さらに今年は、30周年記念の目玉として、浦安の歴史をスクリーンで振り返りつつ、その時代を象徴・彩った名曲の数々を参加合唱団のみならず、会場の方々と一緒に大合唱しようという、題して「みんなで歌おう 浦安今昔物語」という合唱祭初の試みがあるのだとか。歌詞が分からなくても大丈夫。会場の大スクリーンに見やすい大きな文字で映し出されます。大人たちにとっては古き良き時代に思いを馳せるひとときに、若い世代や子どもたちにとっては、浦安の歴史を知る新鮮で貴重な体験となること間違いなし!


4月8日(土)午後、浦安文化会館小ホールで行われた、「第30回浦安市合唱祭」のリハーサルにお邪魔してきました。

みんなで歌おう 浦安今昔物語」コーナーの司会を担当するのは、合唱団 洋(うみ)の大貫さんと、女声コーラス マードレの山本さん。ユーモアを交えた楽しいナレーションに会場から大きな笑い声が聞こえてきます。
 


パワフルな指揮で会場を盛り上げてくださった、浦安男声合唱団の関口先生(左)、女声コーラス マードレの中澤先生(右)。

年齢・性別・個性もさまざまの15の団が一斉に声を合わせて歌い上げるさまは圧巻の一言。当日は来場の方々の声も加わって、大ホールいっぱい素晴らしい歌声で満ち溢れることでしょう!

合唱指導と指揮を担当している各団の先生方がステージで歌われるコーナーもあるのだとか。こちらも楽しみですね!

さて、浦安の歴史とともにどんな歌が飛び出すか…。それは当日のお楽しみ。あなたの大好きだったあの名曲も歌われるかも知れませんよ!

【第30回記念 浦安市合唱祭】
 場所:浦安市文化会館 大ホール
 日時:2017年4月16日(日)
    開場13時/開演13時半(終了16時55分予定)
参加費:無料

問い合わせ:047-305-7616(武澤)
第30回記念 浦安市合唱祭の告知サイトもぜひご参照下さい!今回参加する合唱団の詳細情報も載っていますよ。https://urayasu-cho-association.themedia.jp/

※参加団体は以下の画像をご参照ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る