市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安を歩いて発見!海辺の(?)ゆかいな仲間たち!

あなたは健康のために何かしていますか? 浦安市内にはフィットネスクラブやジムが多数ありますし、各公民館ではダンスやストレッチ、ヨガなどのサークルの他、吹き矢や健康体操など、年齢に応じた軽スポーツイベントも盛況です。

私がオススメしたいのはウォーキング。専門スポーツのように特別な道具や服を用意する必要もありません。徒歩に適した靴と、汗をかいたときや肌寒くなったときのために、着脱しやすい上着さえあれば、いつでも気軽に始められます。だれかと競うのではなく、自分のペースでできるのがウォーキングのいちばんの魅力。最近は歩数に応じてポイントが貯まるなどのサービスを行う携帯・スマホアプリもあるようですよ。ご褒美感覚で登録するのもウォーキングを習慣づけるための励みになっていいかもしれません!

そして、いつも同じ場所をただ歩くだけではもったいない! ちょっとした浦安散策も兼ねてみてはいかがでしょう? 車では行きづらい路地裏などの場所のとっておきグルメを見つけるもよし、昔ながらの小さな個人商店に立ち寄ってみるもよし。

今、私がハマっているのは、浦安ならでは(?)の海に関連するいきものをかたどったモニュメントや、キャラクターを発見すること! 今からご紹介する海辺のゆかいな仲間たち、あなたもどこかで遭遇したことがあるのでは?

まずはこちら、「べか船河童」のかんくんときょうちゃん。
image1
かんくんが持った魚を「わあ、大きいね!」とびっくりして見ているきょうちゃん。ちなみにマフラーを巻いているのは冬季だけ。
image2
健康センター前にありますよ!

河童と言えば、忘れてはならないのがこのお方。哀愁ある佇まいがなんとも言えません。絵になるなあ。
image3 image4
「この水車小屋がオラん家だ」…とか言ってそうです。

堀江〜富士見の間にある潮風緑道はモニュメントの宝庫。今回はあえて海に関連するものだけをピックアップしてみます。

…貝かい?「ハイ貝です」と返事してそうな感じ。
image5
失礼して背後からもパチリ。
image6

こちらはカモでしょうか。
image7

若潮公園と交通公園の前にある魚たち。
image8
女性の中には「ちょっと残酷…」と感じる方もいるようですが、娘は幼い頃、「お風呂に入っているお魚」と表現していました。
image9
一斉に並んで風呂につかる魚たち。「あ〜いい湯だな」…なのか?

さて、お次のこれ。どこのものか分かりますか?
image10
アトレの入り口についています。トビウオの形だったんですねえ!

アトレ前の駐輪場あたりには、他にもこんなにたくさん海の仲間たちが!
image11 image12 image13image14 image15

こちらは、鉄鋼通りと舞浜の間、伝兵橋にあります。リアルなカモメではありません。
image16

通称カメ公園(漁業公園)のカメさんはこの近辺の子どもたちの待ち合わせの目印としても有名!
image17

漁業記念公園には、アサリの石碑もあります。
image18

ラスト。高洲地域の幼稚園、保育園に通う子どもにはお馴染みでしょうか。大人の目の高さだとちょっと見つかりにくい場所にあるんですよね!ペンション・アンバースデーさんのカエルちゃんです。
image19

浦安市内には他にもモニュメントがたくさん!車で素早く通りすぎてしまうと気づかないものばかり。あなたも是非、徒歩で市内散策して探してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る