市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安で35年。ギャラリー「どんぐりころころ」の“原点に帰る”展示会が、のんびり開催中。

堀江のフラワー通り沿いにあるギャラリー『どんぐりころころ』にて、「1982~」という名前の展示会が現在開催中です。その名の通り、1982年に浦安でオープンした『どんぐりころころ』。今回の展示会では、オープン当初から現在に至るまでのたくさんの出会いの中で、店主の龍木さんが温めてきたものたちがずらりと並びます。オープンから現在に至るまでのお話を、龍木さんにたくさんお伺いしてきました!

サンダル履きでエプロンして、何気なく良いものが見たかった。

9316
「ちょうど子育て真っ最中のころでした。もともとギャラリーに行くのは好きだったのだけど、当時は子連れではなかなか遠出ができなくて…。良いものが見たいけど、ふらっと行けるところが近くにない。それじゃあ作っちゃおう、というのが始まりでした」と龍木さん。オープン当時の『どんぐりころころ』は、浦安駅前の西友の前の、現在取り壊されてしまったビルの一角にあったそうです。「自然素材を使っている作家さんを集めて展示しました。当時はそういうギャラリーはあまりなかったんです。作家さんたちと協力して、『ぐるぐるぱっ展』とか『鬼と遊ぶ展』とか『七夕の宴展』とか、面白い企画展もいろいろやって…。エプロン姿のお母さんたちが寄ってくれてね、今とはまたちょっと違った雰囲気だったかもしれませんね」。

その後、ギャラリーはフラワー通りに移ります。「最初は天哲さんの隣。それからそこが駐車場になるというので向かいに来ました。だけど大家さんが建物を建て替えることになって、一度分室の路風舎に移り、2年前からこちらでリニューアルしてやらせていただいています」。
9298
入口すぐの壁にかかった、こちらの絵。入ったとき、何の絵だろう?西洋の建物かな?なんて思ったのですが、よくよく見たら絵の中に『どんぐりころころ』の看板を発見して、胸が高鳴りました!

9409 9406
ちなみに『どんぐりころころ』の名前の由来は、いざギャラリー名を決めようという時に、まだ小さかった龍木さんの長男が「♪どんぐりころころ…」を歌いだしたからなのだそうです。

35年続けてこれたのは、人との出会いのおかげ。

9338
35年の間には、さまざまな出来事があったに違いありません。「手仕事で生活している作家さんたち、支えてくれるたくさんの人たちがいたから、続けてこられたと思います。始めたときは、こんなに長く続けるなんて思っていませんでした」。本当は糸屋さんになりたかった、と話す龍木さん。ご自身も糸を使って作品を作っていらっしゃるそうです。
4986
「でも、自分の作品は自分のギャラリーには出しません。そこはきちんと一線を引いています」。穏やかな柔らかい雰囲気の中に、一本の揺らがない芯を感じます。

4978
たくさん並んだ作品を、解説していただきました。「これは24年前の酉年のときの作品。ちょっと壊れてしまったのだけど…色使いが素敵な作家さんで、絵も描かれるんですよ」。
9326

「小安さんという凧づくりの名人が浦安にいらしてね、その方にいただいたもの。お向かいの天哲さんにもあります」。
9318

「これは、糸から紡いで、染めて、織った作品。とても手間のかかったものなの。
4988
実は向こうの藍染めの作家さんとご夫婦でね…藍が力強いでしょう。
4989
本当はこうして浮かして展示すると、光の具合でとてもきれいに見えるんです」。
9348

「こうしてぐちゃっと置いてしまっては良くないのだけど…。一つずつ出してみると、ほら、素敵じゃない?」
4991 4993 
カーテンなどインテリアに使う布を使ったものや、古い着物をリメイクしたものなど…確かに一点ずつ見ていくと、魅力が引き立ちます。

こうした手仕事の作品は、ひとつひとつに作家さんの時間と手間を感じられるのが醍醐味。細部までじっくり見入っていると、ついつい時間を忘れてしまいます。この日も3時過ぎに訪れたにも関わらず、気が付くととっぷり日が暮れていました。

9308 9358 
布、絵、陶器、人形、ガラス、金属…どの作品も、それぞれに個性を主張しています。なのに窮屈さを感じないのは、全て龍木さんのフィルターを通して集まったものたちだからこそ。

龍木さんの部屋にお邪魔したような展示会は、3月ごろまで開催の予定です

9311
「まだまだ出したいものがたくさんあるの!」と龍木さん。展示は少しずつ入れ替えをしながら、3月の企画展が決まるまで続けるそうです。もう少ししたら鬼を集めた「鬼展」が始まるとか…。
9342

2月10日(金)からは、ちいさな座布団やマットを集めた「こざぶ展」が同時開催される予定。
9362

前回の小泉すなおさんの展示会で感じた静謐な印象とはまた違い、龍木さんのお宅にお呼ばれしたような雰囲気の今回の展示会。若い作家の作品から年配の作家の作品まで、昔のものから今のものまでが、一同に会しています。「律儀な方は、入ると何か買わなくちゃ…と思うみたいですけど、そんなことはありませんよ!」とのお言葉どおり、まずはふらっとのぞきに行ってみませんか。ギャラリーが紡いできた35年の時間を、大げさではなく素直に感じられる展示会です。

どんぐりころころ…浦安市堀江3-2-10 047-352-0778 日・月定休 13時~18時半(※金曜日は20時まで)
http://fdonguri.com/




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る