市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

甘党必見!一度は訪れてほしい、昔懐かしい和菓子屋さん「たちばな」

今回ご紹介するお店は、昔懐かしい和菓子屋さんです。東西線浦安駅から徒歩5-6分くらいのところにそのお店はあります。その名も「たちばな」さん。外観は一見、とてもレトロな雰囲気ですが、常連らしきお客さんがひっきりなしに訪れる浦安の老舗の和菓子屋さんです。

筆者は通勤前にたちばなさんの前を通るのですが、毎朝あんこを炊く甘い香りが漂っております。早朝から丁寧な仕込みをされているようです。ご主人曰く、「もち米は宮城県産『みやここがねもち』、小豆は北海道産のみを使用している」とのこと。材料にもこだわり続ける本格派です。創業当時から変わらぬ製法で作りつづけているそう。

店頭にはお団子、おはぎ、おまんじゅう、栗羊羹等の和菓子をはじめ、いなり寿司、のり巻き等がきれいに並べられており、見た目もとても美味しそうです!
これらは全てテイクアウトのみとなります。どれもハズレが無く美味しいのですが、今回は特にお薦めのラインナップを紹介いたします。

あん団子(1本70円)
image2

画像を見ていただくとわかると思いますが、お団子のよもぎ色がとても濃いのです。よもぎをたっぷりと使用しているため、噛むほどに口の中がよもぎの香りと深い味わいでいっぱいになります。あんこは丁寧に裏ごしされた上質なこしあんで、すっきりとした程良い甘さ。また、惜しみなく乗せられたあんこは、よもぎ団子との相性が絶妙。2-3本はペロッと食べられそうです。

焼き団子(1本70円)
image3

オーソドックスなみたらし団子。醤油の良い香りが漂います。ほんのりと表面の一部に焦げ目をつけており、香ばしい香りがします。タレのあまじょっぱさが絶妙に美味しい!

いなり寿司(1個50円)
image4

個人的に一押しはいなり寿司! 包みを開けてみると…甘辛い醤油の香りがぷーんと漂ってきます。オーソドックスな昔懐かしいいなり寿司。お揚げには甘辛いタレがたっぷりと染みこんでいて、とてもジューシーです。ごはんにもタレが程良く染み込んでいます。子供の頃に田舎のおばあちゃんが作ってくれたの味を思い出し、ほっこりしてしまいます。

これらは贈答用に箱詰めもしていただけます。どこか懐かしい和菓子屋さん。浦安の古き良き時代にタイムスリップしたような気分を味わえます。
image5

年内は31日まで営業しているそうです(ただし団子は29日まで)。正月用のお餅の予約も受け付けているそうですよ。新年を迎える際にご家庭でいただくのもよいですが、大切な人へのおもたせにぜひ「たちばな」さんの和菓子はいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る