市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

2016年2月7日 第25回東京ベイ浦安シティマラソンを走ってきました!

朝から爽やかに晴れわたった空のもと、待ちに待ったハーフマラソンが5年ぶりに開催されました!3kmの部、10kmの部も行われましたがやはりなんといってもメインはハーフマラソン。震災以来、10kmや8kmに短縮されていたためかれこれ5年ぶりです。
参加者は、老若男女総勢2900名。(ちなみに10kmの部は1600人、3kmは630人、3km中学生は530人、3km小学生は550人が走りました。)スタート直前はこんな感じで、もみくちゃです。
image1

今年もまた姉妹都市オーランド市からのゲストランナー6名が出場したほか、浦安市と災害時の相互応援協定を締結した茨城県下妻市から50名の市民ランナーを招待、さらには2014年から活動の拠点を浦安に移したユニクロ女子陸上部のランナーのみなさんもゲスト出場。スタートラインはとても賑やかな雰囲気でした。

ハーフマラソンのスタートは9:00。スターターは毎年恒例となった大会会長松崎市長の号砲でした。
image2

運動公演からスタートして、すぐにTDR外周側でなく新浦安駅方向へ右折。この方向へ向かって走るということがまさに5年ぶり。感無量です。鉄鋼団地を抜けてホテルエミオンへ向かうまっすぐな道が3kmから4kmくらいの地点。この道の境川を越える上り下りが意外にこたえます。普段車で通りすぎる分にはまったく気にならない高さなのに、いざ自分の足で走るときにはこれが結構辛い。ホテルエミオンの手前で折り返してまた境川!当然ながら往復で2回のアップダウンとなります。
urayasu_marathon_course
第25回東京ベイ浦安シティマラソンHPより抜粋)

このあと海側へ進路を取り、高洲海浜公園前を通るコースになるのですが、このとき走りながらずっと考えていたのは「あれ?これってもしかしてまた境川越えることになるのでは?」ということ。果たして先をゆくランナーたちを遠目に見てみると…やっぱり坂上ってるー! 必死で3回めの境川を越えて下りたらすぐ、総合公園のサッカー場前で2度めの折り返し!続けざまに4回目の境川越え。これだったら坂の手前で折り返しにしてくれよー、と上り坂が苦手な私は思っていました。ここで8km通過。

このあとはずっと平坦な道が続き、総合運動公園へ戻ります。ドッグランの角を右折していよいよTDRの外周道路へ。ここがもう13km地点なのであと8km。約2/3過ぎていると考えるとあとはなんとかなるんじゃないか?という気がしてきます。

TDRの外周道路は経験ならご存知の通り、いつも風が強く向かい風だと結構きついエリアですが、この日は風がほとんどなくピーカンな日差しを浴びながらとても気持ちがいい。暑いくらいなので15kmすぎの給水がありがたい。TDL入口前の最後の折り返しを回るとあと4km。脚はだいぶ疲れてきているけど、右手には海側のまぶしい堤防が見え、左手にはディズニーシーの山や船が見えていてテンションがあがります。総合運動公園まで戻ってくるとあと1km。ラストスパートだ、と最後の力をふりしぼろうとするものの、多分スピードはほとんどあがっていない…一歩一歩前へ進むのみ。帰ってきた!あと少し!と喜び勇んで岡本太郎作の躍動の門をくぐるところに「あと700m」と見えたときは、かなりガックリ。まだそんなにあるの…?これは後で他のランナーの方も同じことを言っていました。最後競技場に入ってからが長いんですよねー。
image3

個人的には最後までいいペースでしっかり走れたのですごくうれしく、ゴールした時は自然と笑顔がこぼれてきました。ドリンクと参加賞をもらって記録証を無事もらいハーフマラソン完了。ちなみに今年の参加賞はいつものオリジナルデザインTシャツとタオル、4色ボールペンでした。
image4

去年の10kmよりも断然疲れたけど、なんだかとても心地よい。空を見上げると雲ひとつなく真っ青でさわやか、達成感と充実感で大満足の大会でした。今からまた来年の大会が楽しみです。来年はいよいよフルマラソンになるかな?と密かに楽しみにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る