市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

『魔法の手』からつむぎ出されるカラフルワールド Kum-Amu

top
「初めてかぎ針を持ち編み物をしたのは幼稚園生のころで、それからずっと何かを作るのが好き」とおっしゃるのは、舞浜にお住まいのアクセサリー作家Kum-Amuさん。そんなKum-Amuさんのご自宅兼工房のおじゃましました。

40
玄関には気持ちよさそうににゃんこがお昼寝中…と思いきや、なんとこれは置物でした! こんな夢のある素敵な空間からアクセサリーのアイデアが浮かぶのですね。

Kum-Amuというお名前のKumは『組む』、Amuは『編む』の意味で、そもそもはヘンプという麻の糸で犬用のリードなどを作っていたそうです。現在は、イヤリングやピアス、ネックレス、ブレスレットなどのアクセサリーが中心で、すべてオリジナルデザインで手作りというとても特別なものばかり。
49

Kumu-Amuさんの作品のマイブームは、ビーズクロシェという小さなビーズを入れたクロス編みのシリーズ。「筒状に編んだビーズにイヤリングやピアスのパーツを通して作るんですよ」と説明してくれましたが、あまりの作業の細かさに見学しているだけで目がチカチカしてしまいます。

このタイプのものは、元々6本で縒ってある刺繍糸を1本ずつにほどき、0.6ミリのかぎ針で編んでいくそうです。イヤリング1対を作り上げるのにおよそ4時間くらいかかるそうですが、普通の人なら編む前に糸がこんがらがってしまいそう。本当に根気のいる作業を笑顔でささっと作り上げていくまさに職人技に見とれます。
59

この日は自分だけのアクセサリーを作りたいというお客様と一緒にワークショップを開催していました。お客様の好みを聞きながら、パーツ選びや作り方をアドバイスするKum-Amuさん。世界でたった1つのイヤリングが出来上がりました。
54

イヤリングもネックレスも軽くてつけ心地がよく、デザインもオリジナルなのでだれともかぶらないお顔回りのおしゃれができちゃいます。次の新作も気になるところですね。

Kum-AmuさんのアクセサリーはFacebook(“Kum-Amu”で検索)、またはハンドメイドマーケットminneから購入できます。前回ご紹介した新浦安のエステサロン・MARINO Relax&Careさんにも置いてありますよ。ぜひ、チェックしてみてください。
前回の記事はコチラ→新浦安エリアのエステサロン【MARINO Relax&Care】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る